機械音痴な女の子が作る寝室用自作パソコン。フォトフレームを再利用してモバイルモニター作成編 part3

改造
スポンサーリンク

前書き

寝室用に小さなパソコンが欲しい。というご依頼。

話を聞くと、スマホだと小さいし…仕事の関係上

キーボードでタイピングの練習もしたい!と言う話らしいです。

 

BluetoothキーボードAndroidタブレットでいいのでは?

って言う話もあると思いますが、

まれに軽めのPCゲームをしたいなんて話があったので中古でパーツを揃えつつ

miniITXあたりでパソコン作っちゃおうよ!という結論に至りました。

 

予算は頑張って1万円以内に収まったらええなぁっといった感じ。

 

ちなみに作成する子のスペックは、機械分解は愚か、PCの組み立ては未経験です。

アドバイザーは解剖さん( ゚Д゚)ノ←

 

できるだけ、誰でもわかるような記事になるようにいたします。

挫折も含めて、感想も踏まえつつ書いていきますよ(=゚ω゚)ノ

同じ需要がどれくらいあるかわかりませんが、記事に残しておきます。

本日作成するのもの

いよいよ今回で完成です。

※前回の記事がまだの方はこちら

小さい寝室においても邪魔にならないモニターですね。

ね!できてるでしょ!!

女の子使うってのもあるので、見た目は出来るだけ綺麗にを心がけてみましたよ。

必要なもの(こちらもおさらい)

・デジタルフォトフレーム

キャリアの特典でよく投げ売りされていて、今やハードオフなどの

 ジャンクコーナーを漁ると300円で手に入ります。

今回使用しているのはdocomoデジタルフォトパネル04です。

・精密ドライバー

もはや定番

・ステンサラタッピング (4*8㎜)

今回の作成手順をまねるならば、必要です。

なくても大丈夫

・小さなのこぎり

100円ショップで十分

・カッター

100円ショップで十分

・AC5Vの電源ケーブル

今回必須

・モニターの変換基盤

今回必須(命)

作成手順(ケースに収めていく)

さて、今回でやっと完成です。

前回までで、基盤の動作確認まで済んでいます。

ここからは、ケースに収めなおしていきましょう!

早速ですが、裏蓋のいらない部品を外していきます。

精密ドライバーの0mで見えるネジすべて外します。

8本のはず、、、

外れました。

こちらの基盤はもう使うことはないでしょう。

解剖さんは捨てるように指示をし、捨てさせました。

次に基盤の部品(びろんと出てる部品)を収めるために加工をしていきます。

↓の部分

こうやって横につけたいな、、てことで

もともとカードを挿すスロットに入れ込んで加工していきたいと思います。

やすりをよういして。。。

穴に通るまで削ります。

このままだと二が閉まらないので、目印をつけて…

カッターやニッパーで切り落としておきましょう。

続いて下のネジを使って、横に無理やり貫通させます。

取り付けるとこんな感じに。。

続いて、基盤側用の裏蓋加工。

このまま基盤を入れ込めばもう完成しそうですが、

この筐体湾曲しているので、基盤が出っ張って入りません。

そこで、基盤のかさばる部分を切りおとします。

目印をつけて。。

カッターやのこぎりで切り落とします。

※カッターの場合、何度も何度も切込みを入れていくことで、手で折れます。

しかし、あとで気づきますが、上の写真の深さじゃまだかさばりました。。。。

最終的に切込みを入れたのは下の写真くらいです。

基盤をむき出しにするくらいの勢いでやったほうがいいです。

切込みを入れれたら、横に設置した基盤のケーブルを絶縁テープなどで浮かないように固定。

折りたたむように基盤を収納していきます。

実は最初見栄えをよくするために、絶縁テープで保護していたんですが、

回路に電気を通さなくなり、使えなくなりました

そのため、あきらめてむき出しにしてます。

最終的に裏はこんな感じに。。。

本当はパテをもって塗装したかったですが、接触が割とシビアなので、

このまま使ってもらうことにしました。

でも合計2000円未満でモニター完成しちゃったわけですね。。。

試しに解剖さんのPCをHDMI接続すると。。。

映りました!!

すこし画質は気になりますが、

ネットサーフィンと動画を見るなどには十分すぎですね。。。

 

次回以降は寝室PCを作っていきます。。。

果たしてつくれるのかな・・・?

次回をお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました