機械音痴な女の子が作る寝室用自作パソコン。フォトフレームを再利用してモバイルモニター作成編 part2

改造
スポンサーリンク

前書き

寝室用に小さなパソコンが欲しい。というご依頼。

話を聞くと、スマホだと小さいし…仕事の関係上

キーボードでタイピングの練習もしたい!と言う話らしいです。

 

BluetoothキーボードAndroidタブレットでいいのでは?

って言う話もあると思いますが、

まれに軽めのPCゲームをしたいなんて話があったので中古でパーツを揃えつつ

miniITXあたりでパソコン作っちゃおうよ!という結論に至りました。

 

予算は頑張って1万円以内に収まったらええなぁっといった感じ。

 

ちなみに作成する子のスペックは、機械分解は愚か、PCの組み立ては未経験です。

アドバイザーは解剖さん( ゚Д゚)ノ←

 

できるだけ、誰でもわかるような記事になるようにいたします。

挫折も含めて、感想も踏まえつつ書いていきますよ(=゚ω゚)ノ

同じ需要がどれくらいあるかわかりませんが、記事に残しておきます。

本日作成するのもの

今回は2回目、あらためておさらいすると最終成果物は下の写真です。

※前回の記事がまだの方はこちら

小さい寝室においても邪魔にならないモニターですね。

ね!できてるでしょ!!

女の子使うってのもあるので、見た目は出来るだけ綺麗にを心がけてみましたよ。

必要なもの(こちらもおさらい)

・デジタルフォトフレーム

キャリアの特典でよく投げ売りされていて、今やハードオフなどの

 ジャンクコーナーを漁ると300円で手に入ります。

今回使用しているのはdocomoデジタルフォトパネル04です。

・精密ドライバー

もはや定番

・ステンサラタッピング (4*8㎜)

今回の作成手順をまねるならば、必要です。

なくても大丈夫

・小さなのこぎり

100円ショップで十分

・カッター

100円ショップで十分

・AC5Vの電源ケーブル

今回必須

・モニターの変換基盤

今回必須(命)

作成手順(分解~動作確認まで)

それでは早速分解していきましょう。

ドライバーを出してネジ外してと解剖さんが依頼

 

すると。。

「ネジありませんけど( ゚Д゚)」

えぇ!?

裏を見ると。。。

たしかにない。。。

ピンク色でしるしをつけたところに隠れてるんですね。。。

はがしましょう...

はがしたらあとは、ネジを三本外します。

感想としては固いそうなので、ネジ穴をつぶさないようにゆっくり丁寧に

二名目の写真のように垂直を意識することが大切です。

ネジが外れたら液晶と分離して外していきます。

先に外れた画像をご覧ください。

注意点があります

配線が見えますかね?

強引に引き抜くと、配線を切ってしまう可能性があるので慎重に。。

 

では外していきましょう!

ネジを外した状態でフォトフレームの角に、いらなくなったクレジットカードなどを挿します。

なければ定規などでも大丈夫です。

ゆっくり挿して横に滑らしていきましょう

多少硬い場合は、下記のようにマイナスドライバーなどで

傷がつかないようにゆっくりと横にスライドするのもありです。

ある程度スライドしたら、先ほどのようにカパッと空きます。

細い配線と太い配線がつながっていると思います。

細い配線はそのままつっくりと抜くだけで抜けます。

太い配線は注意が必要です。

太い配線の基盤側の拡大画像です。

つながっている部分ですね。

爪を写真のように起こしてあげる必要があります。

爪が起こせたら、ゆっくり抜きましょう

これで二枚におろせました。

今回は動作確認までなので、右側のモニター部品をそのまま使っていきます。

基盤を用意して下のように配線してみてください。

写真だけでわかるかと思います!

させたら5V電源を挿してみましょう。

解剖さんはAVケーブルを買い忘れていたので、

家に転がっていたスイッチハブの電源を渡してあげました。

電源を挿すと下記のようなものが画面に映りました。

これであとは本体を加工すれば使えそうですね!

次回!一番苦労部分!本体加工です!

お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました